さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。今回、さいたま市西区飯田新田の地域墓地でお墓じまいをさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします。

 

まずは、施工前後の様子が分かるお写真をご覧ください。

 

今回のお客様は、弊社のホームページを見てお問い合わせくださいました。お墓じまいをご希望でした。ご事情があって都内の永代供養付き納骨堂をお求めになったということで、こちらのお墓をお墓じまいされることになりました。

 

こちらが今回お墓じまいされるお墓です。10年ほど前にほかの石材店さんで建てられたお墓で、風格のある立派なお墓です。今回はご事情があるので仕方ないことですが、お墓じまいしてしまうのがもったいないくらいのまだまだ十分に立派なお墓でした。

 

工事に入ります。お墓の本体を取り外し、納骨室の部分を取り外しています。良い石をふんだんに使って、石と石もたっぷりボンドを使って接着されていて、しっかしとした仕事をされているお墓だなと感じました。

印をしてあるのは養生のための毛布です。作業の際にお隣(後方)のお墓にぶつかったり傷つけたりしないように、注意して作業を進めます。

 

お墓手前の階段部分を取り外しています。お墓の中で一番大きな石が使われていました。これだけでも400kgはある大きく重いものでした。右横の職人は、バールを使ってこの重い石を左の方向へ少しずつずらしています。安全のため、取り外した位置のままクレーンで持ち上げず、横に移動させてから吊り上げます。

 

石をすべて取り外し終えて、基礎コンクリートを取り外しています。実は今回、とても驚いたことがありました。基礎コンクリートの厚みは、しっかりとした基礎工事の場合でも20~25cm程度のことが多いですが、今回のお墓はなんと60cmもありました! 通常の2倍以上の厚みがあり、これを取り外す作業だけで丸2日かかってしまいました^^; 私もこれまでこのお仕事を20年ほどさせていただいていますが、これほどの厚みの基礎の解体は初めての経験でした。また、お見積もりの段階では分からなかったことですので、やはり実際工事に入って分かることもあるのだなあと、色々なことが大変勉強になりました。

 

時間はかかりましたが職人たちも頑張ってくれて、無事に工事終了です。山砂をきれいに入れなおし、更地に戻しました。

 


周囲の参道もきれいに掃除をして、お墓じまい完了となります。この完了のお写真をメールでお送りして、お客様に確認していただく予定です。

大変な作業ではありましたが、経験したことのない機会をいただいたことで勉強にもなりました。職人たちも初めてのことで、「いい思い出になったね^^」と言い合うくらい、印象に残るお仕事になりました。

この度は、大切なお墓のお墓じまい工事をお任せいただき、ありがとうございました。お客様にとって色々な思い入れのあるお墓だったと思います。私どもにとっても貴重な経験となりました。今後も細やかに丁寧なご対応で、ご相談くださるお客様のお役に立てるよう、努めていきたいと思います。