さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。今回は、さいたま市営霊園思い出の里の屋内墓地に、オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成しましたので、ご紹介いたします!

 

さいたま市営思い出の里 屋内墓地

 

ホームページからのお問い合わせでした。さいたま市営霊園思い出の里にすでに墓地をお持ちで、このたびお父様が亡くなられたので新しくお墓を建てたいとご希望でした。お嬢様お二人でお姉様は遠方に嫁がれていましたが、ご連絡いただいた時は葬儀等の都合でちょうどこちらにいらっしゃっていて、当店のホームページを見つけてご連絡をくださいました。お二人で話し合えることもなかなかないので、できればこの機会に・・・というお気持ちがあったようで、「今これからでも良いですか?」ということでしたので、すぐに時間を決めて現地でお会いしました。

まず最初にご希望として伺ったのは、「名前を縦書きにしたい」ということでした。お客様が墓地をお持ちの思い出の里屋内墓地では、墓石の形が横長い洋型で家名も横書きのものがほとんどでした。そのため、縦書きのお名前を入れても違和感のないようなデザインをお作りすることにしました。石種については、色々と周りのお墓を見ていく中で、インド産の黒御影石Y-1と、中国産のマホガニーという石を気に入られましたので、デザインもこの2種類の石で作成することになりました。ご納骨の日にちも決まっており、それまでには仕上げたいということもおっしゃっていましたので、お会いできたその日にできるだけ決められることを決めておいた方が良いかなと考えてはいましたが、ご希望を率直におっしゃってくださったので、滞りなくお話しを進めることができました。

 

作成したデザインがこちらです。墓石の形自体は横に長い形ですが、ご家名が縦書きでも違和感のないように中央部を少し膨らませるオリジナルのデザインにしてみました。メールでデザインをお送りしたり、何度もやりとりをさせていただいたりして、ご了承いただいたら設置工事に入ります。

 

こちらが、さいたま市営霊園思い出の里 屋内墓地です。基礎と、コンクリートの蓋石のついた納骨室が既設された状態で市が提供しています。この上に墓石を設置することになります。

 

お墓の一番下の台石(蓋石)を設置しています。屋内墓地の仕様で、設置の際はこうしたピンを取り付ける決まりになっています。奥のふたつは石塔を乗せるピン、右脇のは墓誌用、手前は香炉用のピンです。このピンを設置した写真も市へ提出することになっています。

 

石塔、墓誌、香炉を設置して、完成しました!

石種は、最終的にインド産の黒御影石Y-1をお選びいただきました。ツヤが良く、真っ黒ではなくて深い緑にも近い色合いで、小さな白雲母が表面に散っているのが特徴のインド産黒御影の中でも最高級品です。お客様も、とても落ち着いた雰囲気で品があっていいわと気に入ってくださいました。全体につややかで、とても高級感のあるお墓に仕上がっています。

石塔のデザインはご提案したデザインを採用していただきました。立体的な特徴のあるデザインです。墓誌を右手に設置、手前の花立てと香炉は一体型のものです。花筒の前面には家紋をお入れしました。濃い色合いの石なので、細い線や細かな文字もきれいに見えます。

 

石塔です。ご希望だった縦書きのご家名はこのように彫刻しました。縦書きですとどうしても両脇にスペースができるので、お花の彫刻を入れることをご提案しました。何種類かご提案させていただいた中から、このユリの花をお選びいただきました。素彫りですが、少し立体的に見えるように工夫しています。

 

お墓後方です。こちらもご希望で、お施主様のお名前は入れずに建立年月日のみを彫刻しました。ピカピカに磨かれてつややかな石は、撮影者の姿が映ってしまうほどです^^

 

ご納骨の日です。今回は、お墓の建立と同時にご納骨のお手伝いもお任せいただきました。ご納骨の際は、まずは石の前蓋を外して、コンクリート製の既設の蓋石を開けてご納骨します。香炉と花立ても取り外して、お花を入れられるように準備をしておきます。奥のテーブルは、ご納骨の際には当店ではいつも準備しているものです。お客様がお荷物を置かれたり、お寺様によっては香炉を置かれたりされることもありますので、必ず必要になるものです。

 

納骨室の内部はこのようになっています。ステンレス製で、2段になっています。ご納骨の前にきれいに拭き上げています。

 

ご納骨も無事に終わりました。これだけボリュームのあるお花を供えても、縦書きの石塔のお名前はお花で隠れることなくきれいに見えますね^^

お客様は大変喜んでくださり、特にご希望だった縦書きのお名前の横に彫刻されたユリの花には、「かわいらしくていいわね~」と喜んでいただけました。短期間でのお墓作りで、遠方にいらっしゃるお姉さまともなかなか話しあったりできない中でしたので、「大丈夫なのかな?」とご不安な面もあったと思います。そんな中で立派なお墓が完成して、「ほんとによかったわ」とホッと安心されたご様子が印象に残りました。実は私も、ご納骨に間に合わないことがあってはいけない!と思うと少しプレッシャーでした^^; ですが完成したお墓を前に、「間に合わせてくれてありがとう」と喜んでいただけて、短い納期の中でもご満足いただけるお墓に仕上げることができて本当によかったなとホッとしました。これからも大切にお参りいただけますとうれしく思います。お困りのことなどありましたら、どうぞお気軽にお声かけください^^