さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市大宮区の地域墓地で、お墓の外柵の入り口部分の修理をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

 

ホームページをご覧になってご連絡くださったお客様から、お墓の外柵の入り口部分の小柱がグラついていてお困りというご相談をいただきました。お客様のご希望としては、予算的なこともあるので、できる限り最低限の処置でグラつきを修理してほしいというお話でした。
県外にお住まいのお客様に代わってともかく見て欲しいということで、早速現地へうかがいました!

実際にお墓の修理箇所を見てみると、入り口部分の小柱がかなりグラついていて、手をかけると倒れてしまうような危険な状態でした。ただ、グラついているのは入口部分の小柱だけではなく、小柱に付いている前壁の部分もグラついていて、小柱だけを修理してもまたすぐにグラグラしてしまうような状況でした。その場でお客様にご連絡してその旨をお伝えすると、小柱とその周りの部分を合わせての修理ということでご了承いただきました。

それでは、工事開始です!

 

まずは、グラついていた小柱と、前壁の部分をきれいに一度取り外しました。工事の際に邪魔にならないよう、砂利は一旦とりのぞいて袋に保管します。

 

きちんと接着するため、小柱と前壁を設置する部分は、水で拭き上げてきれいに汚れをとって準備をします。

 

今回はセメントを使って接着します。横側の壁との高さもそろえなくてはいけませんので、たっぷり厚めにセメントを使用して接着します。

 

小柱を接着して、目地小手でしっかりと押さえています。

 


工事完了です!

左右同じように、セメントをたっぷり使用して目地小手で目地をきれいに押さえて仕上げました。
工事のために取り除いた砂利も再び入れました。

 

石の下の方はかなりもろくなって欠けている状態でしたが、今回はご予算上のご都合もあり、作り直し等はせず、接着の修理のみで完了となりました。

 

県外にお住まいのお客様にはお電話で完了のご連絡し、工事の様子と完了のお写真もお送りしました。「ありがとうございました」とお礼をいただきました。

今回お客様は、通路に小柱が倒れたりして「周りのお墓にご迷惑になってはいけない」ということをとても心配されていました。ですので、とにかく早く修理しなくては・・・と思っていらっしゃったようです。お話していて私どもにもそのお気持ちが伝わってきましたので、それに応えるべく、予定を調整してすばやくご対応させていただきました。そのあたりも喜んでいただけたのかなと思います。

弊社では、お墓全体のことに限らず、今回のように部分的な修理等も、埼玉一円で承っております。コンパクトな石材店の強みを活かしてスピーディーに、かつ丁寧で細やかなご対応を心がけております。どうぞ安心してご相談ください^^