さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。桶川市のお寺様墓地にて、お墓じまい工事をさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします!

 

【お墓じまい工事 桶川市お寺様墓地】

 

ホームページをご覧になったお客様からお墓じまいのご相談をいただきました。施工された石材店さんにも問い合わせをされたそうですが、思っていたより費用がかかるようなので、なんとかならないかと当店にご相談をくださいました。ご連絡をいただいてすぐ、その日のうちにお墓を見に行かせていただきました。

こちらが桶川市のお寺様にあるお客様のお墓です。当店では、お墓のご相談をいただいてうかがう際は、マップで位置を確認しながら、お客様に詳しい場所や建立者の方のお名前、彫刻されているご戒名をうかがったりして、お墓を確認しています。間違いがあってはいけませんので、確実に行います。また、お見積もりのご依頼等は、可能な限りすばやく伺っています。フットワークを活かしたスピーディなご対応は、当店の強みでもあります!^^

 

お見積もりを差し上げてご依頼をいただき、工事が始まっています。ご相談のお電話をいただいた際には、すでにお寺様へお願いしてご遺骨を取り出し、魂抜きを済まされていましたので、早速工事に取りかかりました。写真は、石塔をすべて取り外したところです。

 

石塔を外したあと、お墓手前の物置石を搬出する準備をしています。クレーンで吊り上げるため、しっかりと固定します。

 

打ち込みカロートという構造のカロートを、そのまま吊り上げて取り外しています。このカロートはこの場で解体するのは至難の業なので、工場へ持ち帰って解体した方が良いと判断して、今回はこういった方法をとりました。

 

かなりの大きさと重量があります。お墓を建てる際に、現地で枠を組んでコンクリートを流し込んで作った、とても頑丈なカロートです。今回は幸い近くにクレーンを入れることができたので、この方法をとることができました。当初のお見積もりの段階からこういった事態も想定していたので、滞りなく作業を進めていきます。

 

外柵の下の方、腰石部分を解体しています。これもかなりの重量です。下の方には基礎がくっついてきました。

 

石の部分やコンクリートの壁石などをすべて取り払って、残ったコンクリート部分をはつったり割ったりして搬出していきます。

 

その後、コンクリートを完全に取り除いたら、きれいな山砂を入れて仕上げます。次にこの墓地を使われる方のために、きれいに掃除をしたらお墓じまい完了です。

 

メールで報告書をお送りして、完成のご報告とさせていただきました。今回お客様は、費用面はなるべく押さえることや、お彼岸前までに完了することをご希望でしたので、ご相談をいただいてからとにかくすばやく動いて、費用面でもできる限りご希望に沿うように努めました。結果、ご希望通りにお墓じまいを終えることができて、とても喜んでいただけました。

今回のようなお寺様でのお墓じまいのケースでは、お施主様とお寺様がどのように連絡を取られているのかなどを、お施主様とのお話しの中でうかがったりすることで、確認をしながら進めるようにしています。というのも、特にお寺様での工事の際は、お寺様が石材店を指定されていることもありますし、お寺様への連絡がきちんとなされていないと、後々お施主様とお寺様とのご関係に影響が出てしまったりすることもあります。細かい点ですが、そうした丁寧にご対応することで、お客様にとって最後まで心残りのないお墓じまいになるようにお手伝いをしています。安心してお任せいただけるように、今後もスピーディで丁寧なご対応を続けて参ります!