さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市営霊園思い出の里にて、お墓棹石の一部をカットして彫刻をしなおすリフォームをさせていただきましたので、ご紹介します。

 

【さいたま市営霊園思い出の里 文字を削って彫刻】

 

さいたま市営霊園思い出の里にお墓をお持ちのお客様から、ホームページをご覧になってお問い合わせいただきました。ご実家のお墓を今後継いでいきたいけれど、ご結婚前に建てられたお墓で正面のご苗字が違うので、何かいい方法はないでしょうか?というお問い合わせでした。現地で後日お会いして、お話しをうかがうことになりました。

 

こちらが施工前のお墓です。棹石正面の右下にお名前が入っていました。左上には「和」の一字が入っています。

「お墓の正面文字を変えたい」というご相談は、当店でも時々いただきます。お墓を継がれる方のご苗字が違うので、違う苗字に彫り直したい、または苗字ではなく文字や言葉にしたい、などのご相談です。
この場合、棹石やお墓そのものを新しく作り直す方法のほかに、棹石の全面をカットして磨き直して新たに彫刻をするという方法もあります。ただ、今回のお客様はこの「和」の文字はそのままにしておきたいとご希望でしたので、「和」の文字部分は残して、お名前がある棹石の下部のみを縦にカットして彫刻をしなおす方法をご提案しました。

 

棹石は、側面から見るとこういった形になっています。平成9年、20年以上前に建てられたお墓です。この下の方を縦にカットして新たに彫刻をします。お客様にもこのご提案を気に入っていただけたので、工場へ棹石を持ち帰って作業に入りました。

 

いよいよ、加工と彫刻の終わった棹石を据え付けます。棹石を据える前に、花立てや香炉など他のものも一旦取り外します。直接ご依頼はいただいていませんが、彫刻や磨き直しを終えたきれいな棹石を設置するにあたって、他の部分もきれいに水洗いしてから据え付けるためです。

 

今回のお墓は、このような霊園の広い参道に近いところにありました。クレーン車を横付けすることができましたので、作業しやすかったです^^

 

設置完了です!

右下の黒い枠内に、今回新しく彫ったお客様のご苗字があります。「和」の文字はお客様のご希望通りにそのまま残して、黒の色入れのみを行いました。

作業の工程としては、まずは工場に持ち帰った棹石の、お名前の彫刻のあった部分を縦にまっすぐカットしました。その後、全体に磨き直しをして、新しく彫刻をする部分に彫刻と色入れをしました。側面の文字彫刻なども色入れをしています。

 

少し斜めから見ると、「和」の文字のちょうど下でうまい具合にカットできているのが分かりますね! とても自然な仕上がりです。

 

磨きなおした棹石は艶やかで、色入れをしなおした文字の部分もくっきりときれいに色が入っており、まるで新品のお墓のようです!

完成したお墓をご覧くださったお客様には、とても喜んでいただけました。お客様もここまできれいに仕上がるとは思われていなかったようで、「よくここまでやってくれましたね・・・!」とおっしゃっていただけました^^ これからもご家族で仲良くお参りいただけるとうれしいです。

今回のような彫刻の文字を変更したいというご相談は増えていますが、お話しをいただいた当初は、「どうしていいかわからないけど、何かいい方法はありますか?」という形で相談されるお客様が多いです。当店では、お墓を受け継ぐためにどうしたらいいのか、一生懸命に取り組まれているお客様のお気持ちに寄り添って、これまでの経験で培ったこちらの引き出しから様々なパターンをご提案して、ご予算などのご都合やご希望にあった、一番いいものをお作りする、というスタンスでお手伝いをしています。「そんなことができるの?」と思われるようなことも、今回のようにプロのアイデアや工夫で可能になるかもしれません!ご一緒に一番いい方法を探しますので、ご不安に思わずに、まずは一度ご相談ください^^

 

さいたま市営霊園思い出の里でのお墓工事に関する記事

●さいたま市営思い出の里公園墓地にて、ご納骨のお手伝い。半年ほど前にご建立いただいたお墓、ご納骨の準備からご法要完了まで
●ご家名の入ったお墓を、今後のために新しく建て替え。中国産マホ
●さいたま市営思い出の里霊園にて、追加彫刻を行いました。現地確認から完成まで、メールとお電話でのやりとり
●オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成。縦書きのご家名とユリの花の彫刻、さいたま市営霊園思い出の里屋内墓地
●さいたま市営霊園思い出の里 芝生墓地にて、追加彫刻と納骨室の清掃・ご納骨のお手伝いをさせていただきました。