さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市思い出の里公園墓地にて、追加彫刻とご納骨のお手伝いをさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

追加彫刻・ご納骨のお手伝い 思い出の里公園墓地

 

ホームページをご覧になったお客様から、ご家族様が亡くなられたということで、追加彫刻とご納骨のお手伝いをご依頼いただきました。もともとお墓を建てた石屋さんがわからないと弊社にご依頼くださったようです。さいたま市営の思い出の里公園墓地にお墓があるということで、区画番号を伺って確認に向かいます。

 

思い出の里公園墓地は、弊社からは車で10分ほどの距離の霊園で、よくお仕事をさせていただく霊園です。追加彫刻や納骨のお手伝いのご依頼も度々頂いています。芝生墓地の一角に、お客様のお墓がありました。

 

追加彫刻はすでに終わっていて、ご納骨当日の今日は、法要に向けて納骨室をきれいにします。手前の花立や香炉、拝石などを一旦取り外して、養生シートの上に置きます。石を傷つけないようにするためですが、花立て等に芝が付いて、再度設置する際に掃除の終わった納骨室内に芝が入ってしまわないように注意します。

 

こちらの霊園には既設のコンクリートの納骨室と蓋石があります。蓋石を取り外すと、納骨室内はこのような状態でした。水抜き穴から芝生の根が入り込んで、泥なども一緒に入り込んでいます。納骨室を開けて中を確認することはあまりありませんから、長い年月の間に少しずつ入り込んで溜まってしまっているのです。すでに納められているお骨壺を一旦取り出して、これをきれいにしていきます!

 

入り口周辺の芝をきれいに刈って、蓋に芝をかみ込まないようにします。せっかくきれいに掃除をした納骨室に、芝が隙間から入り込むことがないように気を配ります。

 

ざっと集めると、内部にはこれだけの芝生の根が入っていました! 取り除いてきれいに洗浄します。

 

根やごみ、泥などを掻き出して取り除き、たわしなどで内部を磨きあげます。最後はふきんとバケツを2つずつ用意して、一組で汚れた部分を拭いて、もう一組できれいに拭き上げて仕上げます。

 

納骨室内のお掃除が済むと、花立や香炉なども簡単にきれいにして、ご納骨法要の準備に取り掛かります。パラソルを立てて、テーブルを準備しました。以前は雨の日に使用していたパラソルですが、広い霊園内でお越しになる方の目印にもなるので、最近は晴れた日も立てるようにしています。

 

皆様がお越しになる30分くらい前には焼香台も準備しました。こちらには、法要に参列される方のお手荷物を置いておくこともできます。

 

皆様がお越しになって、滞りなくご法要が営まれました。弊社では、スムーズに気持ちよくご納骨いただくため、ご納骨の前にはいつもこうした準備をしてお待ちしています。

ご納骨のお手伝いは、お墓の工事などと違い、一般の方にはどんなことをしているのか伝わりにくいことかもしれません。ですが、納骨はそうたびたびするものではありませんから、こうした機会に納骨室きれいにしておくことは、私はとても大切なことだと考えています。とくに芝生墓地では砂や泥、芝などが入り込んでいるケースも多く、私どもでお掃除をさせていただく前は、納骨室内部だけでなくお骨壺も泥だらけになっているケースも多々あります。弊社では、気持ちよくご納骨いただくためにも、次に納骨室を開ける時まで少しでもきれいな状態を保って大切なご遺骨を守るためにも、毎回できる限りきれいに、ピカピカに磨きあげよう!と力を入れています^^ そうした心配りを大切に、今後もきめ細やかなご対応を続けていきたいと思います。

戒名彫刻・ご納骨のお手伝いについてはこちらをごらんください
埼玉のお墓彫刻センター【石の富士家】