さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。今回は、さいたま市営思い出の里公園墓地にて、お墓の建て替えをさせていただきましたので、ご紹介します!

 

【さいたま市営霊園思い出の里 お墓の建て替え 中国産マホガニー】

 

ホームページをご覧になったお客様からお電話でご相談をいただきました。さいたま市営思い出の里霊園にご実家のお墓をお持ちのお嬢様お二人でした。後日現地でお会いして、お話しを伺いました。

 

こちらがご実家のお墓です。建てられて年月が経っていますが、きちんとお参りされているお墓でした。正面にはご家名が入っていますが、お二人ともすでに嫁がれていてご苗字も変わっています。今後のお墓のことをご家族で話し合った結果、「これからはお墓を守っていくのも大変だから」ということで、3つの姓の方がひとつのお墓に一緒に入ってはどうか?というお話しになったそうで、支障のないように家名や家紋を入れないお墓にしたいということでした。

当初は、いまあるお墓を活かして、お墓正面のご家名の部分をカットして彫り直そうかということもお考えでした。その場合のお見積もりと合わせて、新規でお墓を作った場合のお見積もりやデザインもご提案しました。

 

こちらが新規で建てた場合のカラー図面の一部です。お客様のお好みなどを伺ってお作りしました。既存の墓石を利用して彫り直す案・新しく墓石を作る案をご検討いただいた結果、こちらをとても気に入っていただけて、「カットして彫り直すのと費用もそんなに大きく変わらないなら、この際新しく作ろうか」と新しく建て替えることを決められました。

 

思い出の里公園墓地では、こうしたコンクリート製の板がカロートの上に2枚既設されています。お墓の台座の下にあたる芝台のような役割のものと、手前の花立てなどの下にあるカロートの蓋石になる2枚です。今回のお墓はずいぶん前に建てられたお墓でしたので、この蓋石が風化して古くなっていました。お墓を新しく建てるこの機会にこの蓋石も新しくしたいと管理事務所に申し出て、この新しいものと交換してもらいました。

 

新しいお墓の据え付けが始まります。まずはご遺骨を取り出して、古いお墓を取り外します。その後、接着のために使われていたコンクリートをきれいにはつっているところです。これをきれいにしておかないと、後でお墓の設置の際にガタガタして水平を保てなくなりますし、隙間から水が入ってくる可能性もありますので、しっかりと丁寧に作業します。
ちなみに作業しているのは、時節柄マスクをつけているので分からないかもしれませんが・・・私です^^

 

カロートの内部をきれいに洗浄します。お墓を設置した後では、こうしてカロート内を徹底的に清掃するのは難しくなります。この機会にしっかり水洗いで汚れを落とします。

 

ずいぶんきれいになりました。芝生墓地なので、泥などの汚れが入ってしまうのは仕方ないことですが、丹念に水洗いし、この機会にできる限りきれいにしました。

 

お墓の台座の下に敷くコンクリートの板を設置します。しっかりと水平をとっています。この上にお墓を設置していくので、一番最初のこの段階できっちりと水平を確保します。

 

お墓の台座を設置しています。コンクリートの板の上にセメントを塗布して接着します。クレーンで吊って慎重に据え付けます。

 

次は、お墓の石塔を据え付けます。思い出の里の仕様で台座と石塔の幅が同じなので、左右の端がきちんと揃って中心に据わるように、差し金を当てて調整しています。

 

石塔と台座の据え付けが終わりました。コンクリート部分と石部分の間の目地をきれいに仕上げています。

 

耐震ボンドの目地がきれいに入り、手前の蓋石や一体型の花立て・香炉を設置して据え付け完了です。据え付けが終わったあとは、はつったときに飛んでしまったコンクリートや、細かいごみなどをきれいに取り除いて最後の仕上げをします。ここは家内が手伝ってくれました^^

完成したお墓はお客様に確認をしていただき、後日、一旦取り出していたご遺骨を新しいお墓に納める納骨法要を迎えます。

 

ステンレスの花筒や線香皿も入れて、納骨法要を待っているお墓です。正面には、「懐」という文字を彫刻しました。お二人のお母様がお考えになった、思い入れの深い言葉です。「梨彫り」という彫刻方法で、通常の素彫りのように文字の溝が深くないためお手入れもしやすいです。石種は、中国産のマホガニーという赤茶系の御影石です。落ち着いた優しい色合いで、正面文字の味わいのある書体や、全体的なあたたかいイメージにぴったりですね。とてもつややかで、きれいな仕上がりです。

 

皆様を迎える準備をしています。お天気の良い日で、日差しを遮るパラソルを立てました。テーブルも準備し、お墓の横に養生の毛布を敷いてこれからご納骨の準備をします。

 

お墓の外側や納骨室内をきれいにするために、いつものようにバケツとフキンを2つずつ用意しましたが・・・さすがに新しいお墓なのできれいで、ほとんど汚れませんでした^^;

 

準備の整ったお墓へご納骨をして、納骨法要も滞りなく無事に終わりました。色とりどりのたくさんのお花を供えると、あたたかいイメージに加えて、明るく華やかな印象にもなりますね!

お客様には大変喜んでいただけて、後日、グーグルの口コミでもお二方が高評価をくださいました^^

「改葬でお世話になりました。予算のなかで施工期間やデザインについても大変よくお話しを聞いて下さり、予想以上の美しい墓石に仕上げて頂きました。また、旧墓地をお墓じまいした際の費用も、今までお願いしていた石材店さんの見積もりの半額で引き受けて頂きました。本当にお世話になりありがとうございました。」
「墓石のデザインや文字の書体など、色々なパターンを提示していただけました。おかげさまで、イメージ通りに仕上がり、大満足です。お世話になり、ありがとうございました。」

わざわざありがとうございます! 皆様で色々と話し合って、ご満足いただけるお墓に仕上がり、本当に良かったです。うれしいお言葉を励みに、今後も頑張ります!!

今回は、ご家族皆さまがとにかく仲良く、しっかり話し合いながらお墓作りをされているのが印象的でした。納骨法要の際も、皆さんで写真撮影をしたり和気あいあいと楽しく過ごされていました。完成したお墓は、そんな皆さまのイメージそのままに、あたたかい印象の素敵なお墓になったと思います。末永く、皆様で仲良く守っていっていただけるとうれしい限りです。

 

さいたま市内でのお墓工事に関する記事

●オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成。縦書きのご家名とユリの花の彫刻、さいたま市営霊園思い出の里屋内墓地
●さいたま市浦和区木崎墓苑にて、インド産黒御影石の洋型墓石を建立。想いのこもった文字を刻んだ耐震施工のお墓
●古くて老朽化した大谷石の外柵を、中国産白御影石G623で作り替え。花立てや香炉もきれいに、モダンな印象のお墓へ。さいたま市西区のお寺様墓地にて
●さいたま市岩槻区のお寺様墓地にて、古くからのお墓のリフォーム工事をさせていただきました。基礎工事と据え直し、花立て・線香立ての設置