さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市緑区宮本の地域墓地にて、お墓の建立をさせていただきましたのでご紹介いたします。

 

【さいたま市緑区宮本 地域墓地 新設 石塔:中国北大青】

 

当社のすぐ近く、さいたま市緑区の地域墓地でお墓の建立をさせていただきました。お客様も地元にお住まいの方で、当社ホームページをご覧になってお電話でお問い合わせくださり、「地元の石屋さんで、地元の人にお墓を建ててもらいたいんです」とおっしゃっていました。お電話をいただいた際、すぐにご対応ができる状況だったこともあって、「これからお会いしませんか」とお話すると、すぐに現地でお会いできることになりました。

 

こちらがお墓を建てる、さいたま市緑区宮本の地域墓地です。当社から車でも5分ほどと、すぐ近くです。街中の墓地ですが、間口も十分な広さがあります。お話を伺い、お墓についてのご希望も詳しく伺いました。

 

こちらはご提案したカラー図面です。お会いしたその日のうちにご提案をしました。ご希望としては、まずは洋型のお墓であること、草が生えないメンテナンスのしやすいお墓であることのほかに、墓誌の設置、入り口段差を低めにすることなど、使用する石の色合い等についてもかなり具体的におっしゃっていただけたこともあって、図面作成もとてもスムーズに行えました。

同じ墓地でご親類様がお墓を建てていたり、他の石材店にも見積もりを依頼したりされていたので、大体の費用等も把握されており、デザインも良かったことや、費用面も良心的ということでとても気に入っていただけました。棹石の彫刻など細部についてもお打ち合わせをさせていただいて、工事をお任せいただけることになりました。

 

工事スタートです。まずは基礎工事のため、根切りをしてから掘り下げ、砕石を入れます。

 

ランマ―という機械で転圧し、地盤をしっかり固めます。今回の工事には、親子で職人をしている若い職人さんも参加してくれました^^

 

転圧が済んだら鉄筋を組んで、コンクリートを流し込む準備をしています。鉄筋がコンクリートの中心あたりにくるように、印のような小さな部品を入れて高さを調節します。

 

コンクリートを流し込んで、コテできれいに表面をならします。しばらく養生して、基礎が完成です。

 

基礎コンクリートが完成したら、外柵の据え付け開始です。写真は、左横に据え付けた親柱に、入り口踏み石を接着するところです。接着面には、2種類のボンド(白色)を4点付けて、その周りにコーキングをまんべんなく塗布して接着します。他の接着面も同様の方法で接着していますが、この踏み石部分は他より厚みが小さいこともあって、特に念入りに行いました。

 

外柵の据え付けが進みました。奥のスペース中央あたりが納骨室になるところです。都度、きれいに掃除もしながら作業を進めます。

 

印のように、外柵の角には補強のためL字のステンレス金具を取り付けています。石の設置面には先ほどのようにボンドを使用し、さらにこの金具で固定します。四隅すべてに取り付けています。

 

モノコックタイプといって、中央が丸く膨らんだ形で、一般的なタイプより強度が高いというものです。また、石と石の継ぎ目にはシリコンボンドを入れており、従来の金具であればその部分にベタッとくっついてしまうのですが、この金具は中央が膨らんでるためきれいにボンドを入れることができるなど、施工性も良いです。

 

お墓の後方です。塔婆立てを、後ろ羽目(外柵の後ろの囲い石)の横に据え付けます。ここでも2種類のボンドを使用して、その周りにしっかりコーキングを塗布しています。

 

墓石の据え付けに入ります。ボンドと、印の免震パッドを併用して、万一の地震等にも強いお墓になるよう据え付けます。

 

完成しました!

石塔に使用した石は、中国北大青という黒御影石です。石目や模様がはっきり見える、少しグレー寄りの黒御影石です。周りの外柵は白御影石で、石塔が黒系なので締まった印象に仕上がっています。お客様のご希望の色合いです。墓誌は外柵に組み込まれていて、省スペースかつスッキリとした仕上がりです。形状は棹石と揃えました。

 

棹石には、ご家名の周りに桜の花の彫刻を入れました。お客様のご希望で、名前だけでは少し寂しいということで、何種類かご提案した中からこの桜を選んでいただきました。華やかで上品な印象に仕上がりました。

 

ご希望で低く設計した入り口は、間口も広く、フラットに入ることができます。デザイン性のあるすべり止めを施していますので、雨などで濡れても滑りにくく安全にお参りいただけます。

 

今回は安定感やバランスを重視されていたので、お墓の形や敷地の間口の広さなどを考慮して、お墓横の羽目石の高さを調整したり、広い間口を活かしつつも親柱が貧弱にならないように工夫したり、全体のバランスを考えて設計したこともお客様に気に入っていただけた点でした。

お引き渡しの際は、ご希望通りのお墓をとても喜んでくださいました。ご納骨のお手伝いもさせていただいたのですが、そのときお越しになったご住職様にも、「すごく立派な、いいお墓を作られましたね!」とお褒めいただき、私もうれしかったです^^ ご近所様でもありますし、何かお困りのことがございましたら、いつでもお気軽にお声かけください。どうぞ末永いおつきありのほど、よろしくお願いいたします。

今回のお客様は、「地元の石屋さんにお墓を建ててもらいたい」ということからお声かけいただきました。そういった理由で声をかけていただいたのは初めての経験でしたし、数ある中から当社を選んでくださってとても嬉しかったです。当社はおかげさまで、埼玉県内に限らず遠方のお客様からも声をかけていただけるようになり、遠くは北海道まで(!!)行ったこともあります。それでもこうしてご近所にお住まいの方が選んでくださることは、やはり本当に嬉しいことです。同じ生活圏のご近所様ですから、もしかすると近くのスーパーでお会いすることもあるかもしれませんね^^ 地元の石材店ならではの親しみやすさや安心感を今後も大切に、いただいたご縁に感謝して、これまで通りいつも一生懸命取り組んでいきたいと思います。

お墓の建立に関する記事

●アジサイが添えられた、艶やかな輝きのインド産クンナムのお墓が完成。さいたま市西区植田谷本の地域墓地にて
●カラフルであたたかい、花いっぱいの素敵なお墓が完成。中国マホガニー(赤御影)、さいたま市西区飯田新田の地域墓地にて
●志木市市営霊園にて、新規区画新設第1号、中国北大青(濃グレー御影)のお墓を建立。桜をデザインした、華やかで高級感あるお墓
●オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成。縦書きのご家名とユリの花の彫刻、さいたま市営霊園思い出の里屋内墓地
●さいたま市浦和区木崎墓苑にて、インド産黒御影石の洋型墓石を建立。想いのこもった文字を刻んだ耐震施工のお墓
●インド産黒御影Y-1とG654平和で作成したお墓が完成。かわいらしいお地蔵様が見守るお墓、埼玉県蓮田市のお寺様墓地にて
●南アフリカ産インパラブルーの高級感あるお墓を新設しました。梨彫りや額出し加工、さいたま市営思い出の里公園墓地、芝生墓地にて