さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市思い出の里霊園の芝生墓地で、追加彫刻とご納骨のお手伝いをさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

さいたま市 思い出の里市営霊園 芝生墓地 納骨のお手伝い

 

ホームページをご覧いただいた方からのご相談です。ご家族様が亡くなられて、お名前の追加彫刻と、ご納骨のお手伝いをご依頼いただきました。ご納骨の日にちは既に決まっていましたので、それまでにまずは追加彫刻をし、ご納骨の当日を迎えました。

 

こちらがお客様のお墓です。霊園内の芝生墓地にありました。当店では毎回、ご納骨法要にお客様がお越しになる遅くとも1時間前までには現地に到着し、ご納骨法要の準備をします。作業としては、納骨室のお掃除と簡単なお墓の清掃、その後の法要に必要なものの準備です。

 

まずは納骨室の清掃です。こちらの霊園の芝生墓地は、霊園で既設されているコンクリートカロートがあり、その蓋石もコンクリート製です。手を合わせてから蓋石の上にある香炉や拝石を取り外して、蓋石を開けました。取り外した拝石や香炉などは、傷かつかないように毛布の上に置いています。すでにお骨壺も二つ納められていましたので、一旦取り出してこちらも安全な場所に置いておきます。

 

蓋石とカロートの間にはセメントで目地が打たれているので、それをこの道具でカチカチつついて、丁寧にとります。

 

カロート内部はこのような状態でした。奥に溜まって見えているのは芝生の根です。こちらの霊園でのご納骨のお手伝いはよくさせていただいていますが、奥にある排水のための水抜き穴からこうして芝生の根が内部に入り込んでいることが多いです。きれいな状態の納骨室に気持ちよくご納骨いただくため、当店では、ご納骨のお手伝いの際は事前にお客様にお話ししてご了承をいただいて、できればお掃除をさせていただくようにしています。

 

取り除いた根は、こんなにありました! その後、内部のお掃除をしていきます。

 

ほうきでごみを掃き出したり、拭き上げたりしてきれいにしました。簡単なお掃除ですが、奥にある水抜き穴も見えるようになりました。

 

納骨室内のお掃除が終わったらお骨壺を戻し、花立てや水鉢なども清掃します。芝生墓地という場所柄、泥や芝などで周りが汚れていることも多く、できる限りではありますが、すべて取り外したこのタイミングでひとつずつきれいにしています。石を動かしてお掃除するのは、万一ぶつかって石が欠けたりすることも考えると普段のお掃除ではなかなか難しいところだと思いますので、我々石屋だからこそできるお手伝いかなと思っています^^

 

お墓本体も拭き上げます。頑固な汚れは通常の清掃では取れないものの、できる限りきれいにします。

 

きれいにした水鉢をお墓の中心に据えます。花立も設置したら、手前の拝石と香炉はそのままで、ご法要の準備に取り掛かります。

 

日よけのパラソルを立てて、お手荷物を置いたり、焼香台としても使うテーブルも用意します。パラソルは、雨や日よけとしてだけでなく、広い霊園内でお越しになる方の目印にもなります。

和尚様がお越しくださり、お客様とそのお母様とご一緒に手を合わせて、無事にご法要が終わりました。今回は、足が悪いとおっしゃっていたお母様のために椅子をご用意し、読経の際には腰を掛けてご参列いただきました。ちょっとしたことですが、法要は意外に時間がかかることもありますから、お経をあげてくださる和尚様にも、参列される方にも、気兼ねなく過ごしていただくことができます。お母様には、「細かいことも気を遣ってくれてありがとう」とおっしゃっていただけました。

今回は、当日初めてお会いするまでメールでのお打ち合わせで進めさせていただきました。お客様は私よりもずいぶんご年配の方で、メールだけ、ということに実際は少し不安なお気持ちもあったと思いますが、当日の仕事ぶりに、こんなにきちんとやってくれて…と安心していただけたご様子でした。ご家族様にも気持ちよく眠っていただけているとうれしいですね。
私の方は、私よりもずいぶん先輩の方がメールやインターネットを使いこなしていることに、すごいなあ!と感じていました^^ ホームページも色々とご覧下さったようで、何度かブログでご納骨の様子をご紹介したこともあるのですが、そうした細かいところも見て、思い切ってご依頼くださったお客様にお応えすることができてよかったです。今後は、何かお困りの際には、どうぞいつでもお気軽にお声かけください。
 

戒名彫刻・ご納骨のお手伝いについてはこちらをごらんください
埼玉のお墓彫刻センター【石の富士家】