蓮田市のお寺様墓地に、「やすらぎ」を感じる柔らかな優しいお墓が完成。二度彫り、インド産黒御影石Y-1

さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。蓮田市のお寺様墓地にて、インド産Y-1の素敵なお墓が完成しましたのでご紹介いたします。

 

【蓮田市 寺院墓地 新規建立 インド産Y-1】

 

お世話になっているお寺様からのご紹介で、お墓の建立をさせていただきました。お施餓鬼のお手伝いなどもさせていただいている、日頃からとてもお世話になっているお寺様です。

 

こちらがお墓を建てる墓地です。この写真では分かりにくいですが、間口より奥の方が幅がある、少し変形した墓地です。お客様は、墓地の形状は関係なく、真四角のお墓を建てたいということでしたので、余る部分にも基礎は打って草が生えないようにしましょう、とお話しました。

お墓については、家名はどこかに入れたいけれど、正面の一番目立つ場所には何か言葉を入れたいとご希望で、ご家族で話し合われた結果、亡くなられたお父様へ贈る言葉を選ばれました。お墓の形については、図面を4,5枚見ていただき、石種も数種類ご提案しました。最終的に、形・デザイン・文字等を気に入っていただけたものに決定し、工事開始となりました。

 

工事が始まっています。地盤をしっかり固めたあと、鉄筋を組んで基礎コンクリートを打つ準備をしています。少し変形した墓地なので、右奥はお墓を設置する場所ではありませんが、草が生えないようにするためコンクリートを打ちます。

 

コンクリートを流し込んだあと、表面をきれいにならします。この日は私が仕上げ作業をさせていただきました^^

 

しばらく養生期間を置いて基礎がしっかり固まったら、お墓の据え付け開始です。前の柱と階段を据え、腰石もぐるりと据え終わりました。

 

中央の納骨室が完成です。今回は、外柵に対して大きめの納骨室をご提案して採用していただきました。間口が2尺2寸、こちらで一般的な7寸のお骨壺であれば横に3つ・縦に4つ並べることができ、合計で12個は納骨することができます。

 

納骨室が完成したら、石塔の据え付け開始です。台石を設置し、その上に上台を設置する準備をしています。印は耐震パッド、2種類の接着剤を使用して、しっかりとした耐震施工のお墓を据えます。

 

棹石や墓誌を据え付けたら、いよいよ完成です!

 

正面の言葉は、「やすらぎ」を選ばれました。亡くなられたお父様へのお気持ちが、優しい気持ちにしてくれる言葉です。すっきりとしたデザインながら柔らかい上品さがあり、白御影石の外柵に黒御影石の石塔が映えます。お選びいただいたインド産のY-1はツヤが良く、真っ黒ではなくて深い緑にも近い不思議な色合いです。小さな白雲母が表面に散っているのが特徴で、インド産黒御影石の中でも上質な高級石材です。

 

棹石は高級加工の額仕上げを採用、角の部分は2重のアールで柔らかい仕上がりです。花の彫刻は、お父様がお好きだったというツツジの花です。右下にはご希望の家名を彫刻しています。文字彫刻は、埼玉で「二度彫り」と呼ばれる彫刻方法で行いました。通常の素彫りのように文字部分を深く彫り込むのではなく縁を彫りこんであり、文字の部分と石の表面に高低差がほとんどないので、ごみや水が溜まりにくくなります。見た目にも、今回のような黒系の石には彫刻が映えますし、文字そのものも柔らかい印象に仕上がります。近年この彫刻をご希望の方も増えました。

 

お墓が完成し、ご納骨も無事に終わりました。お客様には、「こんなに素敵なお墓を作ってくれてありがとうございます。大事にします」とおっしゃっていただけました。ご家族を亡くされたお客様にとっては悲しみの中でのお墓作りでしたが、亡くなったご家族への思いを形にできたことで、悲しみが少しでも和らいだような、ホッとしたような笑顔が見られたので、「お手伝いできてよかった」と思いました。何かありましたら、いつでもまたお声かけくださいね。

実は今回のお客様は、ずっと以前に知り合ってから、年に一度当社のカレンダーをお届けしていた長くご縁のあったお客様でした。私自身も寂しさを感じている中でご相談の際にご家族から伺ったのですが、亡くなったご主人様はご生前そのカレンダーを見ながら、「自分が亡くなったら、このカレンダーのこの会社でお墓を建てて」と話されていたそうです。ご生前に建てるお墓と違い、ご家族が亡くなられてから建てるお墓はご遺族と石屋で話し合って作るものですが、今回はなんだか亡くなったご主人様もご一緒に作っているような、「頼むよ」と言われているような、不思議で思い出に残る、特別なお墓作りになりました。
 

お墓の建立に関する記事

●「縁」を大切にされた、インド産M1Hの高級感あるお墓が完成。お墓の建て替え、都立八柱霊園にて
●桜の彫刻が華やかで上品な、バランスの良い洋型墓石を建立。さいたま市緑区宮本の地域墓地にて
●アジサイが添えられた、艶やかな輝きのインド産クンナムのお墓が完成。さいたま市西区植田谷本の地域墓地にて
●カラフルであたたかい、花いっぱいの素敵なお墓が完成。中国マホガニー(赤御影)、さいたま市西区飯田新田の地域墓地にて
●志木市市営霊園にて、新規区画新設第1号、中国北大青(濃グレー御影)のお墓を建立。桜をデザインした、華やかで高級感あるお墓
●オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成。縦書きのご家名とユリの花の彫刻、さいたま市営霊園思い出の里屋内墓地
●さいたま市浦和区木崎墓苑にて、インド産黒御影石の洋型墓石を建立。想いのこもった文字を刻んだ耐震施工のお墓
●インド産黒御影Y-1とG654平和で作成したお墓が完成。かわいらしいお地蔵様が見守るお墓、埼玉県蓮田市のお寺様墓地にて
●南アフリカ産インパラブルーの高級感あるお墓を新設しました。梨彫りや額出し加工、さいたま市営思い出の里公園墓地、芝生墓地にて