ご家族が集い語らう、柔らかく高級感のある洋型墓石を建立。さいたま市営思い出の里霊園普通墓地5㎡

さいたま市内をはじめ、蓮田市、上尾市、春日部市、川口市など埼玉南部一円にてお墓のお仕事をしております、有限会社石の富士家の安部です。さいたま市営思い出の里霊園 普通墓地にて、柔らかく高級感があり、地震にも強いシンプルな洋型墓石を建立いたしましたので、ご紹介いたします!

 

さいたま市営霊園 思い出の里 普通墓地5㎡
石種  外柵:G623、石塔:北大青(黒御影石)

 

さいたま市思い出の里市営霊園の普通墓地をお持ちのお客様から、ホームページを通じてご相談をいただきました。このたびお父様がお亡くなりになり、建立を検討されていました。お電話でお話しすると、まずは図面と見積もりをお願いしたいということでしたので、おおよそのお話を伺って図面と見積書をご郵送しました。その後、具体的にお打ち合わせをすることになり、現地でお会いしてお話を伺いました。

 

こちらがお墓を建てる場所です。角地の良い場所ですね。当初は和型と洋型の2種でご提案をしており、和型をご希望でした。現地でお墓を見ながらお話していくうち、昨今の地震等への不安から、洋型の安定感がいいと思われたようです。石の色合いはご提案したものを気に入っていただけて、最終的には洋型のお墓を建立されることになりました。

今回のお客様も他社様へいくつか見積もりを依頼されていましたが、最近はやはり2,3社の見積もりを取っておられるケースが多いようです。お墓の建立は大きな費用の掛かるものですから、費用面だけでなく仕様や対応など、いくつかを比較検討して納得のいく形で進められるのが良いと思います。

 

工事開始です。基礎工事のための準備をしています。表面の土をさらって根切りをしています。今回は機械を入れて作業をしました。角地の良い場所だったので助かりました^^

 

現地を確認していると、周りのお墓にわずかに傾きがあるように見えましたので、石杭を打ち込んで補強することにしました。4寸角4尺(約12cm角・長さ約1,2m)の石杭です。これを4本、少し地盤が心配な後方に打ち込みました。一番重い石塔を設置するため、一番荷重がかかる場所でもあります。

 

その後、コンクリートを流し込みます。養生期間をしばらく置いて、基礎が完成です。

 

基礎が完成したら、カロート(納骨室)や外柵を据えていきます。中央がカロート部分です。印は、角の部分にL字の金具を取り付けているところです。

 

外柵の根石の上に、羽目石を設置する準備をしています。左の写真はお墓左側の羽目石、右は後方の羽目石を設置するところです。耐震ボンドと2色のエポキシ系のボンドを併用して、しっかりと耐震施工します。

 

外柵が据え終わり、石貼り工事も終えたら、お墓の据え付けに入ります。こちらは、カロートの上に一番下の芝台を据えるところです。ここでも耐震ボンドと2色ボンドを併用、印は免震パッドです。

 

芝台の上に上台を設置したら、その上に棹石を設置する準備です。四隅には免震パッド、ここでもボンドを併用しています。写真のように、白いボンドを囲むように耐震ボンドを塗布します。できるだけ長く安心してお参りいただける丈夫なお墓にするため、色々な方法を勉強したり考えたりした結果、この方法にたどり着きました。

 

棹石を据え付けたら、花立や香炉などを設置して完成です!

 

使用した石は北大青という御影石です。石目や模様が見える、少しグレー寄りの黒御影石です。全体的に丸みを持たせた柔らかいイメージの洋型墓で、額付きの高級仕上げ、お花立は切り出し加工をしています。通常は中央を少しくぼませて水鉢としますが、お水をお供えする際は別途で入れ物をご用意されるということで、フラットなままにしています。

文字彫刻は「2度彫り」と呼ばれる、深く彫り込まない方法です。文字部分にごみや水が入り込まないのでお手入れもしやすく、色合いの濃い石でも文字が見えやすくて相性が良いです。

 

ご納骨の日はあいにくの空模様でしたが、パラソルを建てて準備をしました。最近は、晴れた日でも日差しを防ぐために立てています。広い霊園内では目印にもなるようです。ご焼香用の焼香台とおりんなど、ご法要の道具もこちらで準備しました。

 

ご納骨の準備が済んだお墓です。手前の拝石をこのように開けてご納骨をします。万一の風や揺れで拝石が倒れても大丈夫なようにきちんと養生してお待ちしました。

 

入口はほとんど段差がなく入ることができ、すべり止め加工をしています。また、両脇の袖石はベンチになっています。4名くらいの方が座れるゆったりしたベンチは、5㎡と広さがあって奥行きもある墓地ならではの設計です。ご家族皆様が集い、語らえる場になればと思います。

お客様には、「いいお墓ができてホッとしたわ」と安心していただけました。他にも数社に見積もりを依頼されていて、たまたま見つけた当社にほとんど即決のような形でご依頼をいただいたので、短い時間でもご信頼いただけたことがとても嬉しかったです。このたびは当社に建立をお任せいただき、ありがとうございました。今後ともどうぞ末永くよろしくお願いいたします。

今回は、たまたま同じ思いでの里霊園の普通墓地と芝生墓地とで、続けて建立をさせていただくという不思議なご縁もありました。同じ霊園でもお墓の設計や施工の仕方も異なる場所での工事で、それぞれ新鮮な気持ちで取り組ませていただきました。当社は、さいたま市営の思い出の里霊園での建立に限らず、修理やクリーニング、追加彫刻、ご納骨のお手伝いなど、多岐にわたるお仕事をお任せいただいています。精一杯お手伝いいたしますので、安心してご相談いただけば幸いです。

 

さいたま市 思い出の里市営霊園に関する記事

●茨城県産真壁石(小目)のお墓を建立。石の美しさを活かす細やかな工夫。さいたま市思い出の里市営霊園芝生墓地
●さいたま市思い出の里霊園にて、ご納骨のお手伝いをさせていただきました。時代に即した、コンパクトな屋外墓地
●さいたま市思い出の里霊園芝生墓地にて、追加彫刻とご納骨のお手伝い。気持ちよくご納骨いただくためのお手伝いをしています。
●さいたま市思い出の里公園墓地にて、追加彫刻とご納骨のお手伝い。気持ちよくスムーズにご納骨いただくため、入念な納骨室内の清掃と事前準備
●さいたま市営霊園思い出の里にて、お墓棹石の一部をカットして磨き直し、新たに彫刻。色入れもしなおして新品のようなお墓に
●さいたま市営思い出の里公園墓地にて、ご納骨のお手伝い。半年ほど前にご建立いただいたお墓、ご納骨の準備からご法要完了まで
●ご家名の入ったお墓を、今後のために新しく建て替え。中国産マホガニーのあたたかい印象のお墓へ。さいたま市営思い出の里芝生墓地にて
●さいたま市営思い出の里霊園にて、追加彫刻を行いました。現地確認から完成まで、メールとお電話でのやりとり
●オリジナルデザインのインド産黒御影石Y-1のお墓が完成。縦書きのご家名とユリの花の彫刻、さいたま市営霊園思い出の里屋内墓地